2011年 10月 06日 ( 1 )

ムーチの病気4頑張る編

先々週の土曜日9・24に受診
血液検査、再来週(今週の金曜日10・7)に麻酔をかけて歯肉を切り取るの話。
その前の週にステロイドを1錠から1.5錠に増やして、一週間でどうなったか血液検査で見たけど、結果肝臓の数値が上がっていて、ステロイドは良くないと判断。
ステロイドを1錠に戻す。
膵炎の検査を外注でお願いする。
18000円(お薬、血液検査、膵炎外注検査)

翌日9.25に左後ろ脚に異変
朝起きてみたら完全に上にあげてびっこを曳いている。
日曜に空いている近所の獣医さんに見てもらい、かかと部分を動かしたら痛がるからその辺りだろうとの事で、今別の掛り付けに行ってるから他の処置はしてもらわなかった。
その日の夜までは動く時に変に動いたら痛そうに鳴いていたけど、段々足を下すようになり、翌朝には何事もなかったようになった。

10・3仕事中に病院から膵炎の検査結果について電話あり
膵炎の数値が悪くなっていたとの事で膵炎が原因だったらステロイドは悪影響だからステロイドを0.5錠に減らす。
その日の夜少しだけまた足をびっこ引いてたが、鳴くほど痛がる事はなくまた夜には普通に戻ってた。
その日に顎の下にふくらみがあるのを発見、脂肪腫と違って少し硬め。

翌日10・4受診
顎のふくらみを見てもらっていたら、右側お腹側面にもふくらみ、耳の中と先生の触診で眼球と歯茎に赤い吹き出物を発見。
顎とお腹部分のふくらみは結構大きめで固め、耳と目と歯茎の方のは吹き出物位の大きさ。
この時点の先生の推測はリンパ腫ではない、癌が原因の下痢がはじまり、その後体内の癌が原因で免疫異常が出て、しこりやらが出来始めたんじゃないかと。
足の方は見た目にも異常が無いから、別の挫いたとかが原因だったんではないかと。
ステロイドを極力減らして、金曜日に麻酔をかける為の検査を今日しようとの事になった。
1300円(お薬のみ)

本日朝受診、先生に大学病院まで行って受診する気はあるか?と聞かれて、必要ならと…
今日の検査(血液レントゲンエコー)の結果によっては大学病院でCTを取って、そのまま放射線治療をした方がいいんじゃないかと。
まずCTは15万円位掛る、その後の放射線治療費等は癌の状態によってだから詳しくはわからないと。
結構にいった~い出費だけど、このまま何もしないでムーちゃんを放っておけるわけなかろう。
大学病院も山口にあるから、こっから4時間位の場所で遠いけど、腹くくるしかないでしょ。
って言うか、まだ癌って決まったわけじゃないけどさ。
そして今の検査結果もどうなんだか。
その前に全身麻酔をかけてのCTが出来る状態かもどうかも…
とりあえず今はムーちゃんを検査に預け中。

出来る所まで頑張る。
ムーチャンは良くなるんだ!

色々考えて悪い方向に考えて悩んだりしたけど、普通に元気そうなムーちゃんを見てふとそんな事はないんだって一瞬忘れたり、でも受診する度に悪くなってる風な宣告?をされて、今ムーチャンがいない部屋がすごく静かで寂しくって、また悪い方向に悩みそうででもどっかに希望を持ってたり、もう訳が分からないけど、とにかく気持ちだけは大丈夫頑張るんだっ!!って思っとかないとって思った。
皆さんの応援もあるし、ムーちゃんにも私にもしっかり届いてますよ~~!!本当にひしひし感じてます。

と、決意表明っぽく。
ムチチ家頑張ります

と支離滅裂な文章で失礼しました。

しかしそろそろムーチャン帰ってこないかな!?
[PR]

by muuch816 | 2011-10-06 13:31 | ムーチン